HOME > 事業紹介 > 販売事業 > のり共販事業
  事業紹介
のり共販事業


兵庫県における海苔養殖漁業の始まりは、西播磨地区(姫路市・赤穂市・御津町(現たつの市))の河口域で行われていた「支柱式養殖」でしたが、昭和30年代後半に本県の海苔養殖業者が「浮流し式」の養殖技術を開発し、本県瀬戸内側に海苔養殖漁業が急速に普及しました。

昭和48年に当会が大型の倉庫を併設した「のり流通センター」を播磨町に建設、昭和60年には海苔入札会を行う「見付場」を新設して、漁業者が生産した乾海苔を漁協を通じて一元集荷し、海苔商社を集めて入札会を開催する共販体制を確立しました。

共販取扱高は、昭和50年頃は100億円前後で推移していましたが、昭和54年に一気に200億円を突破し、その後、概ね150億円規模で推移しています。

また、海苔の需要拡大を目的に、平成20年10月に子会社を設立して、当会の海苔入札会の入札権を取得して、子会社を通じた海苔製品の販売拡大に努めました。さらに、平成26年1月には海苔の加工業者を子会社化し、本格的な海苔加工品の生産を開始し、ヨーロッパ等への輸出も始まりました。

さらに、近年では海苔共販事業の改革に着手し、入札会における切り札制度の導入や、共販回数の増大を図る等、海苔商社が買いやすい共販をめざして取り組んでいます。

今後は、海の栄養(窒素・リン)不足が懸念される中で、海苔養殖漁業が継続できる豊かな海を再生することと、後継者の確保が課題となります。

Copyright (C) 2001 JFHyogo-Gyoren. All rights reserved.